今回のお話を頂いた某新聞社の長谷部さんからのメールを下記にコピー致します。
今日やっと、横須賀中央駅前広場で開かれていた「元気ハツラツフェスタ」にて、福島の現状を伝えるブースにいらした松村さんご本人に、横断幕を渡して来ました。

添付の写真はちょっと暗いかもしれないので、明るさを調整してもらった方がいいかも知れません。

ちょうど皆さん「横断幕があれば…」と思われていたそうで、大変喜んで頂けました。

また絵も楽しんで頂けて、森田さんのイラストには皆さん「似てる~!」と笑いが起きた次第です。

いつもイベントでは福島の現地写真展示だけのようなので、イラストの登場に本当に喜んで頂けました。
松村さんご本人に至っては「一生の宝物だ」とおっしゃって下さいました。

イラストを描いて下さった森田さん、枕連さん、シュガーさんには、心から感謝します。
また、生かせなかった分のイラストはすみません。駁さんと堀米さんにも、ぜひよろしくお伝え下さい。

今回の件は、鷲宮商工会に話を持ちかけた時からだいぶ時間が経ってしまいました。
その間、私から説明もせず、鷲Sの方々に「あれはどうなったのか」といった懸念や心配を多数抱かせてしまったと思います。
私の曖昧なやり方のせいで、鷲Sの皆さまや森田さん・坂田さんには、他の仕事やイベントで大変な中、負担・ご迷惑をおかけしてしまったことを、お詫びします。本当に申し訳ありませんでした。

だいぶ遅くなってしまいましたが、以前お集まり頂いた方々などにも、ようやく形になったことと、先方の皆さまが大変喜んで下さったことをお伝え頂ければ幸いです。
(※実はさっそく要望で、もう1枚同じものを作ることになりました)

以前の集まりでお会いできた埼玉新聞の方にも、一度ご報告メールを送りたいと思います。

松村さんや金子さんたち皆さんが、とっても喜んで下さっていたことを変わりにお伝えさせて頂きました。
以前の打ち合わせの会議を開いて下さった森田さん・坂田さん、ご参加頂いた鷲Sの皆さまのご厚意に、大変感謝します。

この度はご協力頂き、本当にありがとうございました。